前へ
次へ

不動産購入にかかる印紙税はどれくらいか

不動産購入の時にかかる費用の中に、印紙税という言葉がありますが、なぜ印紙税というものが存在するのでしょうか。理由の一つに、不動産の売買契約書や住宅ローンの契約書、または建築請負契約書などの様々な契約書を交わす時、契約書1通ごとに課される税金だからです。不動産購入時の契約書に書かれた金額で印紙税は異なるため、事前に確認しておくことが重要です。1万円未満の場合は非課税ですが、一般的に不動産購入時にかかる費用は100万円以上となることが圧倒的に多いといいます。そのため、不動産購入時にかかる印紙税のみ紹介しましょう。100万円以上200万円の場合は400円、200万円以上300万円の場合は1000円、300万円以上500万円以下の場合は2000円など、金額に応じて増えていきます。増えていく金額が200円ごとではなく、一気に1000円や2000円になることも重要なポイントです。不動産購入をする金額が多ければ多いほど、金額がアップすることは事実といえます。なお、500万円以上1千万円以下の場合は1万円、1千万円以上5千万円以下の場合は2万円です。一般的な注文住宅や建売住宅などの不動産購入の相場は、1千万円以上5千万円以下といえるため、平均的2万円の印紙税がかかると考えておくと便利です。

Page Top