前へ
次へ

不動産購入費用は物件だけの費用ではない

不動産購入時にかかる費用や、購入する物件の費用だけではないと知っていましたか。実は不動産購入時には複数の費用があるため、確認しておくことは重要です。まず、不動産仲介業者を通して不動産購入する場合には、仲介手数料が必要となることは多いといいます。不動産仲介業者の中には無料で取引できるところもありますが、基本的にかかると考えておいたほうがいいでしょう。一般的な不動産購入にかかる費用は取引する金額が200万円以下の場合は取引する金額の5パーセント、200万円以上400万円以下の場合は4パーセント、400万円を超えると3パーセントとなります。また、それ以外の不動産購入費用として印紙税・登記費用・手付金などもかかるため、注意が必要です。印紙税は取引する物件が1千万円未満の場合5千円、5千万円未満の場合1万円、1億円未満の場合3万円となっています。登記費用は自分で登記を行えば無料となりますが、非常に手間がかかりますので、有償でもプロに任せたほうが安心です。手付金は不動産購入費用の5パーセントから10パーセントとなります。

Page Top